奈央の社葬情報発信

葬儀の後にやることとして大変なことは

2019年10月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式というのは儀式としてはそれなりに参加することもあるでしょうし、自分が喪主となってやらなければならないということもあったりするので、割と学ぶ機会もあるでしょうし学ばざるを得ないということもあったりするわけです。葬儀の後ですが当然ですが火葬をして、いざ埋葬ということになります。埋葬に関する事ですが基本的に埋葬方法というのは行政から許可を得ているところにやりますということになるでしょう。それ自体はそんなに難しいことではないです。

続きを読む

事前に決めておくことがお勧めになります

2019年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の埋葬方法は、さまざまなスタイルがあります。なぜなら、時代の変化とともに風習が変化しているからです。大木の下に共同墓地を設ける樹木葬に、人気が集まっています。土に還る役割を持っていて、新たに生まれ変わる意味も含まれています。喪中はがきを通じて、様子をお伝えすることが可能になります。葬儀のサポートにより、遺族の考えのもと行われます。故人のためを思った方法が選択され、参列者とともに供養されます。しっかりとおもてなしの気持ちを表現することで、参列者の方にお礼ができます。

続きを読む

葬儀の期間は決まっているわけではないですが

2019年08月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に関することでどのくらいの時間がかかるのか、ということがありますが基本的には特に決まりがあるわけではないです。ですが、基本的には通夜をしてから、葬儀告別式となり、最後に火葬場にいく、ということになります。その後、埋葬と言う形になるわけですが、この期間というのが割りと人によって大きく違うことになります。通夜からすぐに次の日に葬儀、というのが基本ですが火葬場の空きがない場合、次の日とする場合もあります。

続きを読む

葬儀の際の子供の服はどうするか

2019年07月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の際に子供の服装や喪服はどうすればよいか迷うという方も多いかも知れません。就学児童出会って学生であれば、葬儀の服装は制服一択です。中学生や高校生であれば殆どの場合は制服があるので、それが木付代わりになります。一般常識として制服を葬儀で着用することは間違っていないため、迷ったら制服を着せておけば安心です。未就学児や小学生で制服がない場合には、襟付きの黒い服を着せておけば問題ありません。最近では、喪服のレンタルサービスを手軽に利用することが出来るため、買いに行く時間がなければレンタルで済ませてしまえば問題ありません。

続きを読む

自宅で執り行う安らぎの葬儀に関して

2019年06月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今と昔で大きく変わっていることに、葬儀・告別式の様式が挙げられます。近年は葬儀社の会館を借りて行う葬儀・告別式が主流となっていて、遺族や親類の負担が軽減されています。それは助かることですが、地方においては自宅葬が執り行われています。最愛の家族との最期の時間を、住み慣れている自宅で過ごしたいと願うのは当然です。安心感がありますし、心残りも少なくなるのではないでしょうか。費用の面に関しても、会館を使用するよりも安い利点があります。

続きを読む

このページのトップへ